金庫の鍵がないときは慌てずに

大切な物を守ってくれる金庫を開けるために必要となるのが、鍵です。ダイヤル式の金庫でも鍵とセットになっていることが殆どのため、番号を覚えていても鍵がないと開けることができませんそんな大切な金庫の鍵を無くした場合は、無理やりこじ開けようとするのではなく、専門家の力を借りると良いでしょう。困った時に誰を頼りにすれば良いか、簡単に紹介していきます。

金庫メーカーで合鍵を作る

金庫の鍵をなくした時は、まず金庫のメーカーの確認から始めると良いでしょう。メーカーが倒産をしておらず、現在も営業を続けているのであれば、合鍵の制作を依頼することができます。合鍵を購入するためには、メーカーのWEBサイトから注文をする他に、購入した店やその金庫を取り扱うショップに足を運ぶという方法もあります。メーカー自体に問い合わせれば金庫を傷つけることなく、鍵を開けることができますが、合鍵が手元に届くまでに少し時間がかかる可能性があります。急ぐ場合は、合鍵を作る以外の方法を考えてみると良いでしょう。

鍵開け業者に依頼をする

急いで金庫の中の物を取り出したい、メーカーから合鍵が届くのを待っている余裕がないという場合は、鍵開け業者に依頼をすることがおすすめです。出張型の鍵開け業者であれば、その日のうちに金庫を開けて貰うことができるでしょう。ただ、業者は手探りで鍵を開けていく形となるため、場合によっては金庫や鍵に傷をつけてしまう可能性があります。さらに、年代物の金庫など、金庫の状態によってはプロでも鍵を開けることができないことも少なくありません。ただ、現在も市販されているような一般的な金庫であれば、素早く開けて貰えると考えておいて良いでしょう。

金庫を破壊する

今後も金庫を使い続けたいという場合は、メーカーや鍵開け業者を頼ることがおすすめです。ただ、金庫自体はなくなっても構わない、中の物を取り出せればそれで良いということもあるでしょう。そんな場合は、工具などを使って物理破壊をすることが有効です。本格的な金庫を物理破壊することは簡単ではありませんが、携帯用の金庫であれば意外と簡単に壊すことができます。個人で壊すことが難しいような大きく本格的な金庫でも、業者に依頼をすれば壊して中の物を取り出して貰えます。そのため、金庫がなくなっても良い場合は、破壊という方法を検討してみると良いでしょう。

まとめ

金庫は鍵をなくしてしまうと、二度と開かないものというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、金庫を制作したメーカーや鍵開け業者を頼ることで、鍵を開けて貰ったら新たな合鍵を作って貰ったりすることができます。金庫がもう必要ないという場合は、物理破壊という形で金庫の中から大切な物を取り出すことも可能です。