コインロッカーの鍵をなくしたときの対処法

ロッカーを日常的に使用する人もいますが、特にコインロッカーに関しては駅など、公共スペースに設置されていることも多く、使いたいときに利用しやすい状況にあります。したがって、人によっては非常に使用頻度が高いと言える可能性もあるでしょう。しかし、こういったコインロッカーの鍵はなくす可能性がどうしてもあります。そうなれば、コインロッカーを開けることができなくなりますが、その際にはどうすればいいのでしょうか?

コインロッカーには基本的には合鍵が存在しない

コインロッカーの鍵をなくした場合、通常であれば合鍵を使って開けてもらえそうなイメージがあるかもしれません。しかし、コインロッカーの場合には合鍵が存在しないケースがほとんどです。つまり、合鍵を使って迅速に開けてもらうことは通常は不可能であると言えるでしょう。例えば、自分が勤務している会社のロッカーなどであれば状況は違う場合もありえますが、コインロッカーでは合鍵を使って開錠ができないため、別の手段をとって開けてもらうしかありません。そのためには実際にコインロッカーを管理している会社に、まず連絡をとっていく必要があるのです。

マスターキーを使って開けてもらうことになる

コインロッカーの場合には合鍵という存在が通常ありませんから、別の手段で開けてもらうことになりますが、現実的にはマスターキーを使うことになります。コインロッカーのマスターキーの場合には、管理している全てのコインロッカーを開けることが可能です。したがって、コインロッカーの鍵をなくしたときには、マスターキーを持っている管理会社に連絡をとると良いです。でも、コインロッカーの管理会社は、コインロッカーが設置されている場所とは基本的には関係ないことが多いので、注意が必要でしょう。コインロッカーを開けてほしいときには、ロッカーが設置されている施設の関係者(駅員など)にお願いしてもダメと言え、そこがややこしい部分になります。管理会社の連絡先がロッカーのそばに載っていることが多いですから、そこに連絡をすることが先決です。

本人が確認できないと開けてもらえない

マスタキーを持っている管理会社の人間に来てもらうことができたとしても、すぐに開けてもらえるわけではありません。そもそもコインロッカーの鍵をなくしたと言っている人が、このコインロッカーを使っていた本人とは限りませんから。成りすましている可能性もあるので、氏名や住所などの情報を提示して、かつロッカーの中に入っているものを事前に知らせておき、実際に開けたときに一致しているか?を確かめるなどのプロセスをとります。そうやって、コインロッカーの鍵をなくした本人であると認められたときに、改めてマスターキーで開けてくれるのです。実際に中身を手にするまでにはちょっと手間がかかる可能性があるということです。

まとめ

ロッカーの鍵をなくしたときには、その状況によって対処法が異なります。会社などの場合には上司に連絡をして、指定の鍵屋に対応してもらう可能性が高いでしょう。しかし、コインロッカーのケースではまず誰に連絡をすべきか?の部分で問題があります。コインロッカーが存在する場所の管理者、例えば駅員などに連絡をしても対処できません。コインロッカーの場合には、合鍵がないためにロッカーを管理している会社に連絡をして、マスターキーで開けてもらう必要があります。そういった部分に関して知っておくと、いざというときに便利です。