バイクの鍵をなくしたときの対処法

バイクに乗ろうと思ったとき、鍵がないことに気が付き慌てた経験がありませんか。買い物をしたり、レジャー施設で遊んだりして、鍵を落としてなくした可能性があります。鍵がなければバイクを運転することができません。このようなとき、どうしたらよいのでしょうか。

探してみる

バイクの鍵をポケットに入れておき、お財布などを出したときに鍵を落としてしまったというパターンが多くあります。スーパーやショッピングモールなどで鍵を落としてしまった可能性があるのなら、まずはお店に相談をしてみましょう。もしかしたら、落とし物として届けられている可能性があります。

まだ落とし物として届いていないのなら、店内を探してみてください。広いショッピングモールであっても、移動した場所は限られているので、店内すべてを見る必要はありません。お店についてから駐車場のバイクのもとにつき、鍵をなくしたことに気が付くまでに通った道を探してみてください。

メットインに入れていないか

メットインに鍵を入れて閉じ込めてしまった可能性もあります。メットインとは、バイクに設けられている収納スペースのことで、手荷物やヘルメットなどを収納できるようになっています。バイクから降りて、ヘルメットを収納するとき、鍵も一緒に入れてしまっていませんか。行動をよく思いだしてみましょう。

鍵屋やJAFに依頼をする

スペアキーがない、探したけど鍵が見つからない、そのようなときは鍵屋などに鍵作製を依頼します。鍵開けや鍵作成の際には、身分証明書の確認を行っています。運転免許証・パスポード・学生証・敬老手帳・外国人登録証など、顔つきの身分が証明できるものが必要になります。メットインに鍵が入っている場合は、メットインの鍵を解除して鍵を取り出せば、バイクのエンジンをかけることができます。鍵屋に依頼をしたとき、鍵作製をする必要はなく、その分の費用を抑えることができます。メットインに鍵が入っていなかった、バイクの鍵をどこかでなくしたという場合は、鍵作製をします。鍵屋ならその場で鍵を渡してもらえます。JAFでは会員であれば無料で鍵開けを行っています(非会員は料金がかかる)。JAFは鍵開けには対応をしていますが、鍵作製には対応をしていません。また、JAFは忙しいようなので到着するまでに1時間以上かかることがあります。

まとめ

バイクの鍵をなくしたときは、まずは思い当たる場所を探してみましょう。落としていたり、メットインに入っている可能性があります。それでも見つからなかったときには、鍵屋やJAFなどに相談してみてください。メットインの鍵開け、バイクの鍵作製などを行ってくれます。