家の鍵をなくしてしまった場合の対処法

家の鍵をなくしてしまった場合すごく焦りますよね。それがもし、賃貸なら特に焦ってしまうのではないでしょうか。鍵をなくしてしまったらまずは慌てずに行動することが大切です。では、鍵をなくした場合にどのように対処すればいいのかについて紹介したいと思います。

とにかく探してみる

まず、最初にするのは、今までどこを通ってきたのか、考えて探してみることです。今までの行動を考えていたら、意外なポケットから出てきたということもあります。無意識にポケットなどにしまっていたということもあるので、とりあえず、自分の服、かばんはすべて探してみることが大切です。そして、もし可能なら今まで歩いてきた道をもう一度戻ることも大切です。

管理会社へ連絡

もし、探しても見つからないなら管理会社へ連絡をしてください。部屋に入れないと困る場合がほとんどだと思うので管理会社へ連絡をしてみることが大切です。もし、管理会社の連絡先がわからないなら、不動産会社の電話番号にかけてみてください。管理会社へつながれば、安心ですね。

警察へ連絡する

鍵を紛失して見つからないなら、警察へ連絡するようにしましょう。たかが鍵くらいでと思うかもしれませんが、悪用されてしまう可能性があるので、警察へ遺失届けを提出することが大切です。

鍵の交換をすること

家に入れたらスペアキーがあるので、最悪それを使えばいいですが、もし、誰かが鍵を拾って悪用してしまったら怖いですよね。ですので、鍵の交換をすることが大切です。お金はかかるかもしれませんが、悪用されることを考えたら、安いものです。もちろん、自分の過失でなくしてしまったら鍵の交換は自己負担になるので、覚えておきましょう。必ず管理会社の人に事情を説明して、鍵の交換をすることを伝えてください。

まとめ

このように、もし、賃貸の鍵を紛失してしまった場合の対処法について紹介しました。もちろん、みつかれば良いのですが、小さいものなので、見つからない場合も多々あります。そうなると、誰かが拾って悪用してしまう可能性があるので、絶対に交換をするようにしてください。鍵が紛失してしまい、大家さんに頼むことができなければ自分でどうにかするしかないので、鍵業者を呼んで鍵をあけてもらいましょう。鍵屋さんのおすすめは口コミなどを参考にしましょう。当サイトのおすすめな鍵屋さんは「カギの緊急センター119」です。

ただ、このようにならないために、鍵は絶対になくさないようにどこかへくくりつけておくなど対処法をした方がいいですね。もし、鍵をなくして家の中に入ることができない場合は、まずは上記でかかれたことをしてみましょう。そして、その後、鍵の交換などを考えていくことが大切です。